お笑い うち ちゃん

お笑い うち ちゃん チョボクレ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日の夢は 京の夢

拙者 元々は 甲府勤番 200俵取り

貧乏旗本の 四男の冷や飯食い。

江戸カルタに 「京の夢 大坂の夢」 とある如く

男には 若気から 気宇壮大な 大望を夢見る季節がある。

拙者には 京美人に 憧れがある。

京で官位を戴き 公家の娘を女房に貰って

大坂豪商のように 贅沢三昧な暮らしを夢想して 何が悪いか

武芸修行と称して 甲府を後にして早 半年経つ

武芸修行よりも 女道修行ばっかしが 目立つこの頃



東男に 京女   東タヌキに 京狐  取り合わせは結構だが

京狐が 夜明け前 相手の顔がハッキリと見えぬ刻に

女狐が「十三文 払え」と言い出した。

尻尾が 有るなしの確認の代金が 十三文だと

身体温め賃も含めて 十三文は

そりゃ安い かもしれん 

当時の 夜鷹の 相場は十文

これは 蕎麦一杯の 値段と同じだ

拙者は 見栄張りだから 小判出したら

小判を歯で噛むで 確かめやがったので

拙者 「葉っぱじゃないワイゃ 」と言うてやった。


段々と夜が明けて 

女狐が言うには 「あんた 水の滴るいい男ね」だと誉めてくれた。

欄干に干した 下帯が 朝風にゆれて 垂れていたが

拙者は 女狐の 美形に見とれてか 尻尾が起き出して困った。


朝だ 朝だ 好い朝起ちだった。 


最近は 何故だか 病的に元気だ。

拾った印籠を 奉納した ご利益かもしれぬ。


今日も 暇だから 新撰組へでも 行ってみるか。





スポンサーサイト
  1. 2011/05/19(木) 20:15:19|
  2. お笑い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<趣味の自転車 | ホーム | 昨夜の夢5>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://owra.blog96.fc2.com/tb.php/197-8251056a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。